~韓国ドラマ・ファンミーティング・旅行を10倍楽しむ!~姜(カン)先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法

韓国語外せないポイント

韓国語学習で絶対に外せないポイントとは?


さて、多くの勉強法が持つ「あと一歩足りない部分」を解決してくれる勉強法、果たしてそれは何か?「韓国語をマスターできる」のページで参考書・辞書に始まり、ラジオ講座、DVDや音楽CDなどを使った自己流、韓国語教室を見てみましたよね。しかし、どれも決め手に欠けていることがわかりました。

読み・書き、ヒアリング、時間の自由さ、仲間や先生が近い、など、各々が得意分野を持っているのですが…。今まで一度も検証していない「勉強法」がひとつ残っていると言いました。

答えは、「市販の学習教材」です。お金が多少かかりますが、それは最初だけ。学習時間も自由、学習場所も自由、文法や単語の勉強もできて、教材によっては先生に質問もできます。さらには、インターネットを使って、発音練習ができるモノもありますし、電話を使って、ネイティブと直接話ができる教材もありますね。このように「市販の教材」は、さまざまなメディアを使って、至れり尽くせりの勉強が可能。

あなたのお金を節約し、時間や場所を拘束せず、ネットや電話を使って実際に会話練習もできる、もっともオールマイティーな「勉強法」なのです!残った問題は、その「中身」ですね。文法や単語だけでなく、本当に「会話」を楽しめるようになるのか?

ご存じでしょうか?教材のみで韓国語をマスターした方のほとんどが、2つ、3つの教材を組み合わせ、1年~2年、場合によってはもっと勉強して、やっと日常会話程度がOKになったということを。やはり、直接的であれ間接的であれ(手紙やメールなど)、困った時に相談できる韓国語ネイティブな先生がいないと、どうしてもそれは“自己流”の勉強法に近くなってしまうのです。

さらには、教材と自分との相性という問題もある。やはり「教材による勉強」も一長一短。「勉強法」としてはオールマイティーでも、「中身」としては、オールマイティーになっていないのです。「いやいや、セットの内容によっては、中身の伴った教材もあるって!」とお思いですか?

確かに、読む・書く・聴く・話す、すべての要素が入った教材も、存在はしそうです。しかし、そのマニュアルの中に、「韓国語を学ぶ日本人すべてにとっての万能薬として、目からウロコのすごいコツ」が入っているか?教材側が一方的にうたっている“特徴”ではなく、あなたにも確実に効く、相性など関係のない“コツ”が、その教材に入っているかどうかが問題。

実は今回、あなたの韓国語学習の手助けをしたいと考えたのは、その万能薬的コツが入っている教材を発見でき、どうしてもこれを広めたいと思ったからなのです。それこそが、「たったの26分の1」日間で、驚くほど簡単に、楽しく韓国語を話せるようになる秘密のコツが満載の韓国語教材です。

それがこちらです。


>> 韓国語が上手くなる方法





a:1062 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析